企業の安心を支える!デバイス管理を依頼しよう!/Good Technology
HOME>Utility>企業の安心を支える!デバイス管理を依頼しよう!

セキュリティーレベルを上げたい

社内のセキュリティーに不安がありませんか?今やPCだけでなく様々なデバイス管理を利用してセキュリティーを強化することが重要になっています。デバイス管理の重要性について解説していますので参考にしてみてください。

デバイス管理を利用した企業の口コミ

安心して仕事ができる

我が社では情報漏えいしてしまったという経験はありませんが、ニュース等でそのような事件を見るたびにいつ情報が漏れてしまうか分からないと不安を抱えておりました。しかし、デバイス管理を利用してそのような心配がなく安心して社員に仕事を任せられます。

挑戦ができる

今まで情報漏えいを不安視してチャレンジングな人事や仕事ができなくなっていました。しかし、デバイス管理を利用することで新人に新たな仕事を任せることができるようになったので社内の意識も上がった気がします。

多様なデバイスを一気に管理

デバイス管理といってもスマホやUSBなどデバイスは多岐に渡ります。多様なデバイスをすべて管理してもらえる業者を見つけたので安心しています。

セキュリティー対策に必要

システム

情報のセキュリティー対策には、PC本体だけでなくUSBメモリや外付けハードディスクなどのデバイス管理も重要です。なにげに忘れそうですが、情報を手軽に取り出せてしまうUSBメモリには危険が一杯潜んでいます。ウイルスを持ち込むこともあり、デバイスから社内に拡散してしまう恐れもあります。会社などの組織ではデバイスも登録して管理することが重要で、使用デバイスに制限をくわえるなど、万が一紛失してしまった時の備えも大切です。もし情報の漏洩があれば会社には多大な損害が発生し、信用も失墜してしまいます。そのため、適切なデバイス管理が必用となるのです。

利便性を犠牲にしない

数字

近年では、デバイス管理のソフトが人気です。企業や団体では情報のセキュリティー強化を進めていますが、その代償として利便性を失う場合があります。せっかく便利なUSBメモリが使用できないのでは何にもなりません。これらのソフトでは、利便性を損なわないための工夫がされています。実際に使用するデバイスを絞り込み、利用できる部署や個人を絞り込みます。必要な人は利用できるのですが、部外者は使用できない事で安全性を高めます。又、デバイスの一元管理が簡単にできるため、必要でよく利用されている物のみに絞り込むことができます。定期的な使用確認や所有者の確認もでき、安全性が高まります。これらにより、必要な所での利便性を確保したままセキュリティーの強化ができることが、デバイス管理ソフトが人気である理由です。

広告募集中